神奈川県厚木市のバレエ教室、平井松本バレエスクールです🩰

小田急線本厚木駅から徒歩2分✨

元NBAバレエ団所属のダンサーが丁寧に指導しております。

子どもから大人まで大歓迎!

見学、体験レッスン受付中❣️

なんだか可愛いブースが出来上がったスタジオ入り口付近

本棚の本はレッスン前後に自由にお手に取ってみてくださいね❤︎

キッズやジュニアのレッスンでは

バレエノート📓を各自記録し、宿題を出したりとレッスンの内容を忘れないよう徹底しています

前回やったことをまるっきり忘れちゃって、次のレッスンでまた振り出しに戻るのは、せっかくの上手になる一歩を逃してしまいます!

全部じゃなくても

一つできたこと、できなくて悔しかったこと、楽しくて印象に残ったこと

お家に帰ってその日のレッスンを頭で整理し、書き留めることで記憶が鮮明になります

その整理された状態で次のレッスンを迎えると

この前は難しかったことが少しできたり

先生の言っていることが分かったり

新しく習ったステップやバレエ用語はノートに書いて、練習するよう宿題を出しています

(お家の中での練習は周囲の物にぶつかって怪我をしないよう気をつけてね)

スペースの確保が難しい時は

頭で思い返す、腕の位置だけ練習する、公園など広いところで練習するなど、時には工夫も必要かも

そんなお家での自主練で心配なのが

我流になってしまうこと

間違ったクセがついてしまうのが心配というお声を伺いました(なるほど🤔)

それでちょっと考えてみました

新しいステップはレッスン内でゆっくり練習し、分からないことを解決した上で宿題にします

なのでステップ自体を間違えて覚えてきてしまうことはあんまりないですが

跳ぶタイミングを掴めてなかったり、足はできたけど手は?とか

合ってるけど余計な動きもあるなってこともあります

それをレッスンで習って、また自主練して、またレッスンでもやって‥

そうした繰り返しで必ず

できた‼️

という時が来ます

いろんなステップを日によって、その日のテーマにそってやるので、大体同じ流れでレッスンは進みますが時には省いたり、追加されたりもします

すぐできるから偉いわけではありません

それをいかに練習して自分のものにするか

それを頑張るほどできた時の喜びは大きいはず❤︎

ステップのやり方を覚えたら

次は綺麗にしていく作業

いつもレッスンで言ってます👆

細かい動かし方やちょっとしたクセは学年を積むごとに理解度が上がって直っていくので心配はいりません

まずは楽しく

美しい姿勢とまっすぐな脚をつくるためにストレッチとバーレッスンをし、ちょっと難しいけど楽しいステップに挑戦する

時には悔しい思いをする時もあります

そういう経験も含めて、バレエという習い事なのかなと

いろいろな考え方があると思うので、あくまで私の意見と経験談です

余談ですが

小学生の時はよくレッスンで泣いたなー🤣

割と泣き虫だったし、ことバレエに関してはできないことがあるのが超絶悔しく

その分練習してその悔しさは晴らしてきました

いつも悔し泣きでしたが、どんな理由であれレッスン中に泣くのは良くありません

みんながいるレッスン中や稽古場で泣くのは場を乱すし、泣くだけで理由を言わないのは先生に対して失礼

悔しくても泣くなら稽古場から出るかトイレで泣きなさい

小学6年生の頃、泣くだけで周りが見えてなかった私に先生が言ってくださったことです👆

まさにその通り

泣いてる理由が予想はついても、言ってくれないと心配ですし(体調が悪いとか、トイレに行きたいけど言い出せない場合もあるので)

ですがそれは先生との信頼関係が大事になるので

レッスンの中でなるべくそういうことが起きないように目を配るのも先生の仕事です💨

またまた、お心遣いありがとうございます✨👆

夏仕様な金魚とヨーヨー☀️

一瞬でなくなりました😋